大阪のセクキャバ・いちゃキャバ情報

関西の主要エリアからお店を探す

お店一覧

エリア:

絞込み条件

  • clear
並べ替えアイコン並べ替え

69件中1~50件表示

69件中1~50件表示

キャバセクナビおすすめ店!

【大阪エリアの特徴】 大阪は西日本最大の大都市で、ビジネスはもちろん観光等で常に多くの人が滞在しています。とにかく人も建物の数も他の都市とは段違いで初めて大阪にくる多くの人がその規模の大きさに驚きます。大都市だけあって交通機関も非常に発達しており、バスや電車等あらゆる手段で様々な場所に移動できます。移動のしやすさが抜群なのも大阪の特徴です。観光についてですが、水族館やテーマパーク等一日だけではとても回りきれないほどの数があります。 食べ物についても大阪は天下の台所と呼ばれていただけあって美味しいものが数多く揃っています。食べ物目当てに大阪を訪れるという人も当然います。また、熱気があるのも大阪の特徴でイベントやスポーツ等に並々ならぬ情熱を注ぎます。その様子は全国的ニュースにもなるほどです。人懐っこい人が多いのも大阪の大きな特徴です。隣にいた人とすぐ仲良くなったり、急に知らない人から知り合いのように話しかけられたというエピソードも大阪ならではです。 人情を感じられる街として日本中から住みたい場所としても人気がとても高いです。大阪は大都市ですので、もちろん女の子とたくさん遊べるセクキャバやいちゃキャバも豊富にあります。新御堂筋付近や道頓堀の東側等数多く存在しています。 【セクキャバの「ハッスルタイム」について】 大阪のセクキャバの「ハッスルタイム」は、いわゆるイチャイチャすることが許される時間であり、セクキャバの目玉でもあるスキンシップを楽しむための時間です。お触りもあるキャバクラは常にお触りが許可されているタイプの店と、特定の時間だけお触りが許可されるタイプの店の2種類に大きく分けられ、後者のお店でイチャイチャすることが許される時間が、店によってハッスルタイムやダウンタイムと呼ばれます。 女性へのボディタッチを楽しみに来店したとしても、ハッスルタイムが設定されているお店では、ハッスルタイム以外には女の子へボディタッチをしてはいけません。意図せず時間外にボディタッチをしたりしないように、ハッスルタイムの有無は受付などで事前に確認しておく必要があります。 ハッスルタイムに入ると周囲の状況をわかりにくくするために、普段より少しだけ照明を暗くしてBGMの音量を上げるお店がほとんどです。嬢もハッスルタイムになれば他の時間よりもあからさまに積極的になるので、ハッスルタイムに入ったことに気付かないという事はまず無いでしょう。仕切りで区切られているとはいえ個室ではないので、大声を出せば他の客の邪魔になり迷惑をかけてしまうため、ハッスルタイム中は興奮しても大声を出さないように気を付けるのがマナーです。 【いちゃキャバの「アフター」とは?】 大阪にあるいちゃキャバでも「アフター」が可能なお店もあります。アフターとは、店内で受けられるサービスではなく、お店の営業が終わった後に、キャバ嬢と店外で行うデートを指します。デートの内容は食事などの一般的なデートと代わりませんが、日付が変わるまで営業していることも多い、いちゃキャバの営業が終わった後なので利用できる店や施設は限られるでしょう。トラブルを避けるためにも、嬢のアフターを全面的に禁止しているお店も少なくありません。いちゃキャバ嬢とアフターを楽しみたくても、無理強いはしないように気を付けましょう。アフターが可能なお店が限られているのに対して同伴は積極的に行っているお店が多く、同伴であれば女の子が出勤する前に一緒にお買い物や食事などのデートを楽しんだ後に一緒にお店へ向かうことになります。同伴の場合はお店では基本的に指名で遊ぶことになり、同伴の条件として2セット以上や3セット以上といったように遊ぶセット数の最低数が指定されることもあるため、同伴前にお店にルールの確認は必要です。

ページトップへ