祇園・木屋町のセクキャバ・いちゃキャバ情報

関西の主要エリアからお店を探す

お店一覧

エリア:

絞込み条件

  • clear
並べ替え

キャバセクナビおすすめ店!

【祇園エリアの特徴】京都の中でも一番人気と言っても過言ではない観光地が祇園です。昔懐かしい町並みがそのまま残っており、世界でも有数の観光名所だけあって日本人はもちろん外国人もたくさん訪れています。レトロな雰囲気の町並みはまるで自分自身も昔に戻ったのではという気持ちにさせてくれます。アクセス方法ですが、駅から祇園まで行くバスがかなりの本数出ているので道に迷う事はまずありません。もちろん電車でも簡単に祇園まで移動できます。四季を問わず一年中たくさんの人が訪れるので、祇園へ行くなら常に時間に余裕を持って行動するようにしましょう。祇園は古くからある街ですので当然観光名所もたくさんあります。特に神社やお寺は有名です。また、京都ならではの食材を使ったカフェやレストランも祇園にはたくさんあるので事前にネットや観光ガイドブック等でチェックする事が後悔なく満喫するコツです。人気店になると数時間待ちが当たり前になる事もあるので、もしそうならかなり早めに行って並んでおきましょう。セクキャバやいちゃキャバといった女の子とセクシーな遊びができる場所が祇園には多数あります。場所は祇園四条駅の周辺に色々なお店があります。繁華街なので当然常に多くの男性客がいるため、訪れるのが目立って恥ずかしいといった思いをすることはほとんどありません。 【木屋町エリアの特徴】 木屋町こと木屋町通は古都京都を代表する繁華街である四条河原町から祇園にかけての一角を南北に貫く通りです。木屋町通自体は、北は二条通から南は七条通まで、高瀬川の東側に沿って3キロメートル近くも続きますが、歓楽街が形成されているのは主に三条通から四条通にかけてです。阪急河原町駅と京阪祇園四条駅からアクセスすることができ、鴨川を挟んで祇園に隣接していることもあって、観光客の姿がとても多いエリアと言えます。 木屋町は風情のある街並みが残る一方で、料理店や喫茶店に加えて、バーやスナック、キャバクラ、セクキャバまでが多く店を構えており、夜になっても人通りの絶えない歓楽街です。とりわけ高瀬舟で有名な運河高瀬川沿いにはたくさんの桜が植えられており、春になると大勢の花見客でごった返します。 京都のセクキャバは、鴨川を挟んだ対岸の、祇園白川の周辺に多いのですが、木屋町でも営業している店舗があります。京都のセクキャバについて気をつけなければならないことは、条例による規制で無料案内所が置かれておらず、看板もかなり控え目で目立たないものになっていることです。事前に地図で店舗の所在地をチェックしてから行くことをお勧めします。 【セクキャバでの「マナー」について】祇園・木屋町にあるセクキャバでは客側が守るべきマナーがいくつかあります。まず、原則として女の子の嫌がる行為はしない事です。お店によっては、あらかじめ客側が守るべきルールやポリシーを定めているところもあります。プレイ内容やシステムの説明をしっかりと聞いてお店のルールはしっかりと守っていきましょう。また、身だしなみや清潔感には気を遣っていくべきです。体臭や口臭がきついと女の子を不快にさせますし、サービスが悪くなってしまう原因にもなります。良いサービスを受けるためにも身だしなみは整えておきましょう。特に、臭いと清潔感に女の子は敏感です。セクキャバでは客側が紳士的にきちんとマナーを守って遊んでいると、女の子の質やサービスのレベルが向上していきます。マナーを守って楽しく遊んでいきましょう。 【いちゃキャバの「追加料金」について】祇園・木屋町のいちゃキャバには追加料金を払う事で、基本サービスとは別のオプションサービスを受けられるようなお店があります。ただし、同じお店の中でも、オプションサービスによって対応している女の子とそうではない女の子がいますので注意が必要です。また、気に入った女の子を指名して遊ぶ場合は指名料が発生する事があります。指名料は、女の子の歩合給になるというケースが多いですので、指名すると女の子に喜ばれます。お店によっては追加料金を支払う事で同伴することができるというシステムもあります。同伴をすると店外デートができますので、キャストの女の子との距離を縮める事が可能です。キャストの女の子も人間ですから、当然に客に対して好き嫌いの感情あります。女の子に好かれるとサービスの質が高まりますし、サービス地雷等のハズレの心配もなくなりますので、結果的にお得に遊べます。指名料やドリンクバック等の追加料金等をきちんと気前よく払ってあげると、女の子から気持ちの良いサービスを受けられます。いちゃキャバの追加料金やオプションの料金は、キャストの女の子に対する気持ちでもあります。良いサービスを受けた時や気に入った女の子には、どんどん使ってあげると良いでしょう。

ページトップへ