栃木のセクキャバ・いちゃキャバお店一覧

【栃木エリアの紹介】 栃木といえば有名な神社や湖、滝など自然がある場所にある観光地が有名ですが、アルパカがいることで有名な牧場があったり、中世ヨーロッパを彷彿させるようなきれいな音色を楽しめるオルゴールの美術館、それから有名な餃子やスープ焼きそばといったグルメを楽しむこともできます。宇都宮や小山などは夜まで楽しむことが出来るエリアとして知られており、駅周辺には飲み屋街があります。平日になると少し人が少なくはなりますが、週末になるとかなり大勢の人々が訪れて賑わいを見せます。少し高級なおしゃれなお店もあればいわゆる大衆居酒屋のように非常にリーズナブルな価格でお酒や食事を楽しめるお店もあり、首都圏から近いですが東京都などと比べると安い金額でお酒も食事も満喫することができます。 【セクキャバの予算は?】 栃木はキャバクラやセクキャバ、いちゃキャバなどキャバクラに近いジャンルのお店が東京などと比べると比較的リーズナブルに遊べる傾向にあります。時間帯によって金額設定を変えているお店も増えてきてはいますが、それでも22時頃に6000円程で遊べるお店も存在しており、飲み放題で女の子と遊びながら1セットが6000円と考えると非常にコスパは良いと言えます。セクキャバの1セットに含まれる飲み放題は大きくわけてソフトドリンクとアルコール飲料に分類されます。アルコール飲料については酎ハイやビール、あとはカシスオレンジなどちょっとしたカクテルが含まれるお店もあります。女の子のドリンクについては1セットの料金に含まれるお店と別途費用がかかるお店がありますが、いずれにしても女の子のドリンクについては強制ではなく任意のものとなるので、1セットの料金のみで遊ぶこともできます。女の子のドリンクをオーダーした場合でも平均予算として1万円はいかないぐらいで遊べるお店が多いのではないでしょうか。男同士で飲んでいると女の子と触れ合いたくなったり、女の子がいたらなと思うことがありますが、どちらも叶えてくれるのがセクキャバであるといえます。 【いちゃキャバって?】 セクキャバやキャバクラと混同されがちな、いちゃキャバ。比較的新しい業種で最近都内を中心に店舗数を増やしています。セクキャバだと思って入店するとちょっと物足りなく感じたり、反対にキャバクラだと思って入店すると女の子との距離が近すぎてびっくりしたり、とまだまだいちゃキャバは認識されている途中のものです。なので、お店によってもサービスは異なりますが、基本的にはキャバクラの延長線上にあるもので、女の子との距離が近くちょっとイチャイチャできちゃうのが、いちゃキャバです。トークもアルコールドリンクも楽しみながらも、女の子とはイチャイチャしても大丈夫なところがキャバクラとは異なりますが、セクキャバのようにがっつりとイチャイチャという感じではありません。

ページトップへ