【川崎エリアの特徴】川崎は川崎市の東に位置し、工場地帯が立ち並ぶ街です。競馬場や競輪場がありギャンブルのイメージも強いですが、その一方で繁華街が多く賑わう街でもあります。観光としては、神社が有名どころです。初詣はもちろん、全国各地からの観光客で賑わいます。 その観光客の多さも、アクセスが非常に便利ということが理由の一つです。アクアラインを利用すれば千葉へのアクセスは容易ですし、都内までも車で30分程度。羽田空港からも近く、各エリアからアクセスできます。駅前周辺は、地下街や商店が複数あり、お買い物を楽しむことが出来ます。ビジネスホテル、カプセルホテル、カラオケ、漫画喫茶なども数多く立ち並びます。 川崎のキャバクラエリアは川崎駅から徒歩5分~10分程度のところに複数店立ち並んでいます。競馬場も近いことから、競馬場帰りの人やサラリーマンなどがよく利用しています。このエリアは、キャバクラやガールズバー、スナック等の店舗があります。そのため、朝から夜まで楽しむことが出来ます。 キャッチも少なく、自分好みのお店をゆっくりと選ぶことが出来る点もおすすめポイントです。歴史ある落ち着く老舗タイプのお店から、今時のゴージャスなお店までさまざまな店舗があります。団体でもお一人様でも楽しめますし、中には王様ゲームなどを楽しめるお店もあります。19時~20時オープンのお店がほとんどなので、それまでは地下街でお買い物を楽しんだり、観光を満喫したりして過ごしましょう。 【セクキャバの「オールダウンタイム制」について】 川崎にあるセクキャバのオールダウンタイム制とは、セクキャバで常にいちゃいちゃタイムを楽しめる制度のことです。昔からあるセクキャバの中には、お酒やお喋りを楽しむ時間とスキンシップが出来る時間が分かれているお店も多く、スキンシップが出来る時間中は照明が落ちるのでダウンタイムと呼ばれています。 それに対して、接客時間中常にダウンタイムと同じでスキンシップが出来るため、「オールダウンタイム」と呼ばれるわけです。オールダウンタイム制は単純に女の子と触れ合える時間が長いというだけではなく、気持ちの切り替えをする必要がないというのもメリットになります。今まで普通にお酒を飲みながら会話をしていた相手が、照明が落ちた途端に積極的な態度になるという事に戸惑う男性も多いですが、オールダウンタイムならそのように2人の雰囲気が急変することはありません。 オールダウンタイム制は常に女の子といちゃいちゃ出来るので、できるだけ長く女の子と触れ合いたいという人に好評です。しかしそういった人だけでなく、あえて女の子とのコミュニケーションにメリハリをつけず、のんびりと会話を楽しみながら恋人のような時間を楽しみたいという、ゆったりとした触れ合いを好む方にも向いています。 【いちゃキャバの「コスプレイベント」について】川崎のいちゃキャバで行われるイベントの中でも、特定の時期に定番となるのがコスプレイベントです。例えばクリスマスならミニスカサンタ風のコスプレイベントを、1月ならお正月に合わせて巫女風のコスプレイベントを行う店が多く見受けられます。 いちゃキャバはセクキャバと比較すると露出の少ない衣装が多いかわりに、衣装込みで可愛い女の子と遊べるお店です。そうしたお店の中で、より衣装を活かした接客を楽しめるのが、コスプレイベントでしょう。言ってしまえば衣装が変わるだけですが、衣装が変わるだけでも普段とは違った楽しみがあります。 いちゃキャバで行われるコスプレイベントにも種類があり、先に触れた季節ごとのイベントや行事に合わせた衣装を楽しめるタイプと、学生服やナース服などの季節とは関係ない衣装を楽しめるタイプです。季節に合わせた衣装のタイプは、その衣装を楽しめるのは年に1回だけということがほとんどで、季節とは関係ないタイプは不定期に開催され、年に数回同じコスプレイベントをすることもあります。どちらのタイプであっても衣装が普段と大きく変わるので、同じ女の子であっても雰囲気や受ける印象は大きく変わり、新鮮さを楽しめるでしょう。

ページトップへ