茨城のセクキャバ・いちゃキャバお店一覧

【茨城エリアの特徴】特急やバスを利用すれば東京都から1時間ちょっとで訪れることが出来る茨城県。都会の喧騒から離れて自然を満喫するにはぴったりな観光名所があります。海辺にある公園や水族館、神社や滝などの施設には休日になると多くの人が訪れます。夜は早く閉まるお店が多いですがダーツバーやカラオケなどの施設は夜も空いているため、夜中まで遊ぶことができます。茨城県のいちゃキャバやセクキャバで遊ぶなら土浦、水戸、古河といったエリアがオススメです。平均予算も5000円程と非常に安く、割引を利用したらなんと1セットが4000円ぐらいで遊べてしまうことも!せっかく茨城県で夜の時間を過ごすなら、セクキャバやいちゃキャバで茨城の女の子たちと会って、地元のセクキャバと比べてみて下さいね。 【セクキャバのコンセプト】 茨城県にあるセクキャバのコンセプトとして有名なのが和風の襦袢衣装のお店と、ワイシャツ衣装のお店です。女の子たちがとってもセクシーな服装で出迎えてくれますし、お店によっては、ちょっとレトロな空間にタイムスリップしたかのような非日常的な空間を演出してくれています。セクキャバに訪れたい時って、もちろん女の子とイチャイチャしたいというのはありますが、日々の生活に疲れて癒しを求めていたり頑張って働いたご褒美だったりすることも多いので、そういった時に非日常的な空間で過ごすことが出来るのは嬉しいですよね。女の子のレベルだけでいうと特に東京などセクキャバ激戦区にあるお店には引けを取らないほどレベルの高い子が在籍している店舗もあります。女の子によっても差があるので、全ての女の子のレベルが高いわけではないですが(これはこのエリアのみではなく全体的に言えることですが)、代わりに愛嬌バツグンだったりトークがすごく面白かったりと魅力的なキャラクターの女の子にたくさん出会うことができます。 【いちゃキャバやランパブで遊ぼう】 ランパブとはランジェリーパブのことで、とってもセクシーなランジェリーを身に着けた女の子が横に座ってくれてトークやお酒を楽しむことが出来るお店です。キャバクラのドレスをランジェリーに変えちゃった感じのイメージをしていただければ、わかりやすいかと思います。サービスタイムには女の子との距離がちょっと縮まっちゃうかもしれませんね。横に下着姿の女の子が着いてくれたら男は誰でもドキドキすること間違いなし。キャバクラで働く女の子たちも容姿には気を使っていますがランパブで働く女の子たちは肌を隠せる布の面積が少ない分スタイル抜群な子が多いため目の保養にもなります。スタイルなどルックスのレベルで考えると非常に高いです。それと比べるといちゃキャバは服を着ているため、ちょっぴり刺激が足りないと思う人もいるかと思いますが、女の子とイチャイチャできるのは、やっぱりランパブよりはいちゃキャバです。いちゃキャバでも中にはダウンタイムを実施している店舗があり、その時間帯は女の子との距離が縮まり、気分はまるで恋人同士。

ページトップへ