東京のセクキャバ・いちゃキャバ・おっパブお店一覧

お店一覧

エリア:

137件中1~20件表示

137件中1~20件表示

キャバセクナビおすすめ店!

【東京エリアの特徴】 日本の首都である東京には夜遊べる場所が数多く存在しています。そんな中でも最も有名な歓楽街といえば、“眠らない街”の異名をもつ、新宿・歌舞伎町ではないでしょうか。新宿駅にはJR各線、京王線、小田急線が乗り入れ、都内からはもちろん、地方都市からのアクセスも良好です。歌舞伎町へは西武新宿駅が最寄り。南口から歩いてすぐのところに、メインストリートである“歌舞伎町一番街”がみえてきます。いちゃキャバ・セクキャバのお店は非常にバラエティにとんでいて、制服や素人専門、OL、和服、水着など様々なニーズにこたえます。気になる料金設定ですが、リーズナブル~高級店まで揃っています。また、明朗会計で安心して遊べる工夫がされているお店もあります。都会の喧騒からちょっと外れたところでセクキャバ・いちゃキャバ遊びを楽しみたいという方は、新宿駅から中央線ですぐの中野がおすすめ。北の玄関口と言えば「上野」。動物園やアメ横があることでも有名な上野のナイトスポットは、御徒町方面の仲町通り~春日通りにメインで集まります。仲町通りは、台東区と文京区に分かれるのですが、主に台東区方面にセクキャバやいちゃキャバのお店が数多く存在します。また、上野のお隣にある秋葉原・神田エリアも、セクキャバ・いちゃキャバの激アツスポットとして有名です。ランパブや水着キャバクラのお店も多いですよ。 【東京のセクキャバでの遊び方】 東京のセクキャバはエリアによって平均予算や1セットの時間に差があるのが特徴であると言えますが、多くの場合基本的にはセクキャバは前払い制になっており、1セットあたりの時間は40分や45分程です。長いところだと1セットが60分になっており、1時間がっつりと楽しむことができます。東京のセクキャバで遊ぶ場合の平均予算としてはクーポンを利用した場合で6000円前後となっており、安い場合だと5000円以下で遊ぶことも可能です。割引クーポンについては入店時に提示をしないと後から提示をしても割引を利用することはできないので、注意が必要です。1セットには飲み放題の料金が含まれているため、女の子へのドリンクや有料ドリンクを頼まない限りドリンク代はかからないことが多いです。女の子ドリンクについては有料な店舗と無料な店舗があるので入店前にルール確認をしましょう。セクキャバではフリーか指名どちらで遊ぶか選ぶことができますが、初めて訪れるお店ではフリーのクーポンを利用して遊んだほうがお得になることが多いです。 【東京のいちゃキャバが今アツい】 東京では最近いちゃキャバのほうがセクキャバよりも勢いのあるエリアが増えてきています。いちゃキャバはセクキャバよりもよりキャバクラに近いサービスとなるため、非常にソフトなものとなっており、感覚としては合コンとか初めての恋愛のときにできた彼女と過ごしたような初々しさの残る感覚が近いとされています。女の子たちの服装もお店の衣装にはなりますがキャバクラより少しカジュアルなドレスだったり、ワンピースだったり、あとはお部屋デートを楽しんでいるときのような彼シャツ(少し大きめのワイシャツ)衣装だったりしているので、普段のセクキャバよりもさらに少し距離が近く親しみやすい感覚を覚えるのではないでしょうか。素人を積極採用しているお店もあり女の子たちの反応も非常に初々しいため、リアルな恋愛をしているような気分になることも少なくありません。

ページトップへ